皮膚科などの医療機関で行われている脱毛方法のことを医療脱毛といいます。

医療脱毛は主にレーザーを使用する脱毛方法が主流となっており、脱毛のメカニズムはエステのフラッシュ脱毛とほぼ同じものです。ではこの2つの脱毛方法の違いはどこにあるのかというと、それにはいくつかの点があります。まず、医療行為であるかないかという点です。医療脱毛はその名の通り、医療機関で医療レーザーを使用して行われる医療行為です。

医療行為である以上は施術には資格の保有が必要であり、いずれの医療機関でも必ず専門の資格を持った看護師によって施術が行われます。一方のエステ脱毛は医療行為ではなく、医療レーザーに比べると出力の低い機器で施術を行います。資格の保有も必要なく、施術はエステティシャンによって行われます。このように機器の種類の違いや施術者の違いは費用面に影響を与え、施術費用は一般的に医療脱毛のほうが高額であることが多いです。

その他の違いとしては、脱毛効果の高さがあります。医療脱毛は高出力のレーザーを用いて施術を行うため、エステのフラッシュ脱毛よりも脱毛効果が優れているとされています。いずれも複数回施術を行えば半永久的にムダ毛が再生しない状態になるのですが、そこに至るまでに必要な施術回数はレーザーの方が少ないです。レーザー脱毛であれば5回程度で十分な効果が得られますが、フラッシュ脱毛は10回程度必要な場合があります。より少ない回数でスピーディーに脱毛したいという人にとっては、レーザー脱毛が適していると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *