医療脱毛とは病院や美容クリニックなどで行われる脱毛のことで、医師または医師立会いのもとに、厚生労働省の許可を得ている機器を使って脱毛を行う脱毛処理です。

医療脱毛には一般的にレーザー脱毛が用いられています。その他にも光脱毛や電気脱毛などがあり、患者さんの状態や希望などに合わせてどの方法で脱毛を行うか医師が判断します。医療脱毛を受けるときにはまずはじめにカウンセリングを受けます。

不安な点やどういうふうに脱毛をしたいかと言った希望などを聞き肌の状態や、毛質などを考慮して脱毛計画を立ててもらうことができます。医療脱毛で用いられるレーザー脱毛は、毛の色である黒いメラニン色素に反応する波長のレーザーを照射することによって黒い毛に熱が吸収されて毛根に集中します。そして毛根の組織を破壊することができ、発毛の中枢である毛根を壊すことができると毛が新たに生まれてくることがなくなります。レーザーは黒い部分にしか反応しないので、周囲の皮膚を傷つける心配はありませんし、一度に広範囲のムダ毛を処理することができることや、脱毛する部分や個人差はありますが痛みもそれほど強くはないというのが特徴です。

ただし、1度の施術で全く生えてこなくすることができるというわけではありません。何度か繰り返して施術を受けることによって、徐々にムダ毛がなくなっていきます。効果的に脱毛するためには、毛の成長のサイクルであるヘアサイクルにあわせた施術が必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *