ニキビ治療はセルフケアや皮膚科受診で改善を目指そう

ニキビは10~20歳代に多く見られる皮膚の病気で、医学的には尋常性ざ瘡と呼ばれており、これが出来るとかゆい、痛いなどの皮膚のダメージと共に、気持ちが暗くなることや怒りっぽくなるなどの精神的な悪影響も出てくるため、早めの対処が求められます。